らぼーろ ひろしま(『協同労働』プラットフォーム)

広島市では、60歳以上の方を中心とする団体が、地域課題の解決のために「協同労働」という新たな働き方で取り組むことを推進するためのモデル事業を実施します。 「らぼーろ ひろしま」は、地域課題の解決につながる住民主体の取組みを応援します。 住んでいるまちの中で、「あったらいいなあ」「こうしたいなあ」と思い描くことはありませんか? 「高齢者が元気に活動するまち」、 「子育てしやすいまち」、 「子どもが安心して過ごせるまち」、 「障害の有無にかかわらず、いきいきと働けるまち」、 「様々な世代が交流し賑わいのあるまち」・・・・・。  「らぼーろ」は、そんな地域が抱える課題に取り組む皆さんを応援する拠点です。

 平成30年度第七回勉強会を本日7月4日10:00より、広島市社会福祉協議会の会議室で開催しました。

 台風の影響が心配でしたが無事開催することができました。今回もファシリテーターにNPO法人ひろしまNPOセンターの松原事務局長をお迎えし、ゲストスピーカーとして協同労働を実践されているケサラの代表、田山さんにお越しいただき、開催することができました。

 こども会のお話や地域愛の話など、いろいろな話題を深めていくことができました。町内会や自治会、そして子どもが地域の中で担っていた役割が少しずつ小さくなってきている中で、これからどうしていくべきなのかを考えるいい機会になりました。

参加された皆様に厚く御礼申し上げます。

次回は7月11日(水)の13:30から広島県民文化センター6階で開催します。このタイプの勉強会は次回が最終回となりますので、お見逃しなく皆さまご参加ください。
20180704_101648
20180704_101719
20180704_112851

平成30年度第一回テーマ別勉強会「『子ども』を中心とした多世代交流を実践から学ぼう」を7月25日(水)13:30から県民文化センター6階にて開催いたします。

暮らしの中で「地域の子どもたちのために何かできないか」と感じる皆さんと一緒に、世代を超えた交流をすでに実践されている方のお話を聞きながら、一緒に何が出来そうかを考えていきます。

ファシリテーターとしてNPO法人ひろしまNPOセンターの松原裕樹事務局長をお迎えし、無理なく、楽しく学べる勉強会にしていきます。

■□■詳細■□■
「子ども」を中心とした多世代交流を実践から学ぼう
日時:7月25日(水)13:30~15:30
場所:広島県民文化センター
定員:20名(定員に達し次第募集を締め切らせていただきます)
参加費:無料
駐車場有(有料)

お申込はFacebookのイベントページもしくは、お電話(082-554-4400)またはE-Mailでお名前とご連絡先をプラットフォームまでお知らせ下さい。

皆さまのご参加お待ちしています。omoteura

本日6月27日(水)10:00より、いいオフィス広島(東千田公園そば、hitoto広島ナレッジスクエア1階)にて第六回の勉強会を開催いたしました。

今回もファシリテーターとしてひろしまNPOセンターの松原事務局長をお招きし、ゲストスピーカーに協同労働「里山ワッショイ」から熊野さんと野田さんにご参加いただいたほか、2名の参加者とともに和やかにスタートしました。

安芸区畑賀を拠点に里山保全や農業などを交えながら地域づくりをすすめている「里山ワッショイ」をなぜ作ったのかなどの話を熱く語られた熊野さんのお話を聞いていると、地域への思いや愛着がとても強く、地域の中で助け、助けられてきたという関係性の大切さがすっと染み込んでくるような印象がありました。

参加された皆様に厚く御礼申し上げます。

また第7回勉強会を7月4日10:00より、広島駅前ビッグフロント6階、広島市社会福祉協議会会議室1を会場に開催致しますのでぜひご参加下さい。詳細はこちら

20180627_11352120180627_102347
20180627_113530

このページのトップヘ