本年度の協同労働モデル事業のスタートになります「協同労働取組事例発表会」が、5月10日(水)午後6時から、中区袋町のまちづくり市民交流プラザにおいて開催されました。

当日は主催者を代表して広島市経済観光局次長福岡美鈴さまの挨拶のあと、日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会専務理事の古村伸宏さまが「地域の中で、地域のために『はたらく』こと」という演題で講演をいただきました。

後半は協同労働モデル事業で補助金を交付されて起業されています以下3団体の皆様に起業された想い、事業内容について熱く語っていただきました。
・ケサラ(安佐北区可部町勝木) 代表田山さま
・GO郷・まつむね(安佐南区伴東) 代表下田さま
・元気で楽しい東山をつくろう会(東区東山) 事務局向谷さま

◆経済観光局次長福岡様ご挨拶
①170510福岡次長挨拶02954
②170510福岡次長挨拶02962
◆事業説明
③170510事業紹介02978
◆日本労働者協同組合(ワーカーズコープ)連合会専務理事古村様講演
④170510古村専務講演02993
⑤170510客席風景03023
◆取組事例発表
⑥170510事例発表03046
⑦170510事例発表03053